TOP > 自虐の詩 ちゃぶ1グランプリ 攻略
 ← 料理 クックパッド | TOP | しょこたんぶろぐ

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


自虐の詩 ちゃぶ1グランプリ 攻略 

2007年11月03日 ()
業田良家さんの「ゴーダ哲学堂悲劇排除システム」を読んですごく感動したのですが...
業田良家さんの「ゴーダ哲学堂悲劇排除システム」を読んですごく感動したのですが、周りの人には理解してもらえません。やはり、絵が雑だからでしょうか?・・・・(続きを読む)


おすすめの漫画を教えて下さい!!私は、井上雄彦さんや、浦沢直樹さんの漫画がすき...
おすすめの漫画を教えて下さい!!私は、井上雄彦さんや、浦沢直樹さんの漫画がすきです。(続きを読む)


自虐の唄を知ってる方、作者、出版社を教えて!この間NHKのラジオで内容を話されて...
自虐の唄を知ってる方、作者、出版社を教えて!この間NHKのラジオで内容を話されてました。なんておもしろいんだろうと感心しました。聞いていた人いますか.(続きを読む)



映画『自虐の詩』初日舞台挨拶!阿部寛ちゃぶ台返しを語る!中谷美紀の“不幸→幸せ”
CINEMA TOPICS ONLINE
阿部寛さんがちゃぶ台をでぇ~いとひっくり返すのが印象的な映画『自虐の詩』が初日を迎えた。大阪の下町を舞台に元ヤクザ現無職で乱暴者なダメ男と、そんな男に一途に尽くす健気な女の笑って泣けるラブストーリーだ。 初日舞台挨拶には堤幸彦監督、中谷美紀さん、西田 ...(続きを読む)


中谷美紀、阿部のパンチパーマをなでなでして観客に謝罪!
シネマトゥデイ
[シネマトゥデイ映画ニュース] 27日、渋谷シネクイントで、映画『自虐の詩』の初日舞台あいさつが行われ、中谷美紀、阿部寛、西田敏行、遠藤憲一、カルーセル麻紀、そして堤幸彦監督が登壇した。 この日、劇中の役柄そのままに、見事なパンチパーマで登場した阿部寛 ...(続きを読む)


阿部寛「パンチパーマ」で舞台挨拶 「ちゃぶ台返しはまかせて」
J-CASTニュース
4コマ漫画を原作とする異色のラブコメ映画「自虐の詩」が2007年10月27日、公開された。出演した阿部寛、中谷美紀、西田敏行らと堤幸彦監督の舞台挨拶が東京・渋谷の「シネクイント」で行われ、映画をPRした。 「自虐の詩」は、元・ヤクザのイサオ(阿部)と内縁の妻・ ...(続きを読む)



伝説の4コマ漫画が映画になるまで〜「自虐の詩」プロデューサー・植田 ...
(前回から読む) 居なくていいプロデューサーと口にしたとき、植田さんは楽しげに「ふふふふふ」と笑った。映画のプロデューサーといっても、仕事の仕方は人それぞれに違っている。植田さんを取材したいと思ったのは、彼の書く製作日記が、型にはまった ...(続きを読む)


Yahoo!映画 「自虐の詩」特集
原作漫画の無料立ち読みや特別映像のほか、「ちゃぶ台返し」ゲーム、恋の自虐度診断など、お楽しみコンテンツをご用意。主演中谷美紀のインタビューやフォトギャラリーも。(続きを読む)


自虐の詩
「自虐の詩」を観に行ってきました。 大阪を舞台にした4コマ漫画を映画化したこの作品。 なんだか構成が、上手くいってないなぁという印象です。 ストーリーに難しいところは一切ないんです。 それなのに、2時間で説明しきれてない。 ...(続きを読む)



スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.11.03(Sat) 08:34] 未分類 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


 ← 料理 クックパッド | TOP | しょこたんぶろぐ

プロフィール

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。