TOP > 山中伸弥教授
 ← 越川 選手 | TOP | nba2k8

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


山中伸弥教授 

2007年11月23日 ()

ヒトクローン胚研究を断念=日本の新手法採用-英研究者
時事通信
日本の新しい方法は、マウスの皮膚の断片からさまざまな臓器になり得る幹細胞を生み出すもので、京都大の山中伸弥教授らが昨年8月に論文で発表した。これにより、ヒトの胚(受精卵)を利用する必要がなくなるという。(続きを読む)


京大、ヒトの皮膚細胞から“万能細胞”作成に成功
日刊工業新聞
京都大学物質―細胞統合システム拠点(再生医科学研究所)の山中伸弥教授、高橋和利助教らは、筋肉や神経、臓器(肝臓、すい臓など)などあらゆる細胞へと分化する“万能細胞”を人間の皮膚細胞から作製することに世界で初めて成功した。人間の受精卵から作る胚性幹細胞(es ...(続きを読む)


ドリー生みの親 クローン研究断念
MSN産経ニュース
京都大医科学研究所の山中伸弥教授らがマウスの皮膚細胞から新たな「万能細胞」をつくるのに世界で初めて成功したことに注目、研究方針を切り替えるためという。 クローン研究のパイオニアの転換は世界の研究者に衝撃を与えそうだ。 ヒトクローン胚からはさまざまな臓器や ...(続きを読む)



世界初ヒト皮膚から万能細胞、拒絶反応なし
人間の皮膚細胞から、さまざまな臓器・組織の細胞に成長する能力を秘めた「万能細胞」を作ることに成功したと、京都大学の山中伸弥教授(幹細胞生物学)らの研究チームが発表した。患者と遺伝情報が同じ細胞を作製でき、拒絶反応のない移植医療の実現に ...(続きを読む)


【ブログ「小閑雑感」】新しい再生医療が日本から? (2)
「京都大学の山中伸弥教授らの研究チームと科学技術振興機構が、生殖細胞を使わず、拒絶反応の心配もない“万能細胞”の作成に人間において初めて成功した」というものです。これは、万能細胞を受精卵から作り出すという従来の研究方向を転換させる重要な ...(続きを読む)


[科学][健康]ES細胞互換の幹細胞をヒトの皮膚細胞から作成
NHKの9時のニュースに、iPS細胞を作った京大の山中伸弥教授が生出演していた。 「スポーツが好きで、けがをしては形成外科のお世話になったことがきっかけで臨床医になった。しかし形成外科の現場は研究途上の分野が多い。新しい治療法を待っている患者 ...(続きを読む)



スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.11.23(Fri) 03:56] 未分類 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


 ← 越川 選手 | TOP | nba2k8

プロフィール

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。