TOP > 総務省 人事
 ← ミートホープ 北海道 | TOP | ame ホイール

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


総務省 人事 

2007年07月05日 ()
日本のITベンチャー185社調査
「ITベンチャー」は自立できず. 3日に発表された2007年版情報通信白書(総務省)の目玉は、ITベンチャー企業(185社)調査。持ち株比率、主要取引先などを分析し、法人の出資比率1位(20%)、取引先の61%も既存IT企業であることを明ら.(続きを読む)


5月の消費支出、0.4%増=「底堅さが出てきた」と総務省
総務省が29日発表した5月の家計調査によると、1世帯当たりの消費支出は29万3231円と、物価変動を除いた実質で前年同月比0.4%増加し、5カ月連続でプラスとなった。増加幅は前月(1.1%)より縮小したが、同省はアクセサリーなど諸雑費の支出拡大などを ...(続きを読む)


ネットの通信量制限を容認 総務省
ネットの混雑緩和、通信制限を容認・総務省 総務省は20日、高速インターネット通信の混雑を緩和するための対策をまとめた。大量の映像 をやりとりする特定の利用者に回線が占められ、一般家庭での通信速度まで遅くなる「ネット渋滞」 を防ぐのが狙い。 ...(続きを読む)



「技術はクリア、総務省は好意的」ソフトバンク、フェムトセルのデモ展示
インターネットコム
これに対する対応状況としてソフトバンクは、大量展開に向けた制度面の整理を総務省と実施しているという。 なお、技術問題として、電波干渉の調整や携帯電話ネットワークとの接続方法なども挙げられてはいるが、今まで問題は出ていない状況で、「テクノロジー的には ...(続きを読む)


自治体に歳出比較義務付け、同規模の自治体と・総務省方針
日本経済新聞
総務省は地方自治体に対し、人件費などの歳出を同規模の自治体と比較した財政分析を新たに義務づける。約1800ある全自治体を対象に2006年度決算分から始める。行政改革の進ちょく状況などを比べやすくする狙い。政府は自治体の再建制度を半世紀ぶりに見直すが、先駆けて ...(続きを読む)


東京都、8月にも新しい情報セキュリティポリシーを策定へ
ITpro
総務省自治行政局地域情報政策室の元岡透室長は、地方自治体の情報セキュリティ対策についての支援の方向性について語った。 元岡室長は、現状の地方自治体における情報セキュリティ対策について「制度面(情報セキュリティポリシー策定、個人情報保護条例制定など)は ...(続きを読む)



公務員 ボーナス
公務員 ボーナス公務員の職業をあげると何がありますか?そもそも公務員って何か詳しく教えてください・・・ 無知ですボーナスがもらえるのは公務員だけですか??(続きを読む)


石原慎太郎って本当に支持されてるの?有権者全体の30%近くも表を集められる理...
石原慎太郎って本当に支持されてるの?有権者全体の30%近くも表を集められる理由がさっぱりわからない。(続きを読む)


名古屋の救急救命士の医療事故(気管挿管が食道挿管になっていた)をどう思います...
名古屋の救急救命士の医療事故(気管挿管が食道挿管になっていた)をどう思いますか?名古屋市消防局の救命士が、心筋梗塞の患者の気道を確保するためのチューブを、気管と誤って食道に挿入していた、というものです。ニュースソースhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070507-00000115-yom-sociこの救命士は女性の心肺停止を確認後、医師の指示を携帯電話で受けながら、応急処置としてチューブを口から挿入しています。女性は約1時間後、搬送先の病院で死亡が確認され、医師がチューブを抜こうとした際、ミスに気付いたというものです。【疑問1】総務省消防庁は「救急救命士によるチューブ挿入の際の医療事故は聞いたことがない」としていますが、まるで今回だけが特別な「想定外のミス」であるかのようなコメントをつける消防庁の真意はどこにあるんでしょうか?気管挿管は熟練した医師が行ってもきちんと気管内に入らないこともあるのに、救命士が行って全くミスが無いはずない。そもそも救命士に気管挿管を許した時点で、食道挿管が起こる可能性は十分想定できたはずです。【疑問2】搬送先の医師は、なぜ1時間もの蘇生行為の間、食道挿管に気がつかなかったのでしょうか?ろくな装備の無い救急車内ならまだしも、搬送先の病院には聴診器もモニターもちゃんとあったはずで、簡単な所見をとればすぐにミスに気がついたはずです。今回のような報道では救命士のミスにばかり焦点が当たり、ミスを発見できなかった受け入れ先の問題が陰に隠れてしまうような気がします。【疑問3】同じようなミスを防ぐためには、今後救急蘇生の際にどのような工夫をするべきでしょうか?私が一番恐れているのは、今回のことでミスをした救命士が過剰に責めを負わされ、救命士による挿管が敬遠されるような事態です。心停止・呼吸停止は一刻も早い心拍・呼吸の再開が患者の予後を決定するので、人工呼吸や挿管・心マッサージ・AEDなどの積極的な救命行為は、救命士・一般人とわずむしろ推奨したいのです。今回の事件が、救命行為の普及にブレーキをかけるようなことになりはしないかという懸念があります。医療関係者のかたも一般の方でも、ご意見をお聞かせ下さい。(続きを読む)



スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.07.05(Thu) 10:44] 未分類 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


 ← ミートホープ 北海道 | TOP | ame ホイール

プロフィール

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。