TOP > 半夏生 焼き鯖
 ← お気に召すまま | TOP | スリーセブン

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


半夏生 焼き鯖 

2007年07月09日 ()
半夏生(はんげしょう)の葉がなかなか白くなりません。葉を白くするためにはどう...
半夏生(はんげしょう)の葉がなかなか白くなりません。葉を白くするためにはどうしたらよいでしょうか。肥料又は水やりの加減かと思っているのですが教えて下さい。(続きを読む)


暦に24節気が有りますが、そのほかに 『雑節』があるようですが、どのような 物で...
暦に24節気が有りますが、そのほかに『雑節』があるようですが、どのような物でしょうか。(続きを読む)


近々、何かたこを食べる風習のようなものがあると聞いたのですが、その由来と名前...
近々、何かたこを食べる風習のようなものがあると聞いたのですが、その由来と名前を教えてください(続きを読む)



梅雨折り返し白のサイン 名東区で「半夏生」しっとりと
中日新聞
2日は、暦の上で夏至から11日目に当たる「半夏生(はんげしょう)」。梅雨の後期に入る目安ともされ、東海地方はこの日朝から各地で弱い雨がぱらついた。 日本気象協会によると今週は半ばまで雨の予報。以降もぐずついて晴れ間は期待できず、梅雨らしい天気になりそう ...(続きを読む)


半夏生にうどんを-買い物客を無料接待
四国新聞
県内の農家では田植えを終えた半夏生にうどんを食べて休息する習慣があり、半夏生になることが多い7月2日を同組合が「さぬきうどんの日」に制定。接待は26回目を迎え、初夏の風物として親しまれている。 小雨にもかかわらず、午前11時の開始前から約120人が長い ...(続きを読む)


元気の源 半夏生サバ
福井新聞
夏至から数えて11日目の2日は「半夏生(はんげしょう)」。サバの丸焼きを食べる風習が江戸時代から受け継がれる大野市では、鮮魚店の軒先からサバを焼く香ばしい煙が漂った。 同市本町の老舗、大亀屋では店主の平辻博美さん(65)が午前3時から準備に当たり、店先 ...(続きを読む)



半夏生 花最新情報
四国新聞半夏生(はんげしょう)にちなんで制定された「うどんの日」(7月2日)に合わせ、30日から7日にかけて、うどんの無料接待や割引などの関連イベントが県内各地で行われる。 さぬきうどん協同組合は、2日午前11時から三越高松店前(香川県 ...(続きを読む)


半夏生 意味
四国新聞県内の農家では田植えを終えた半夏生にうどんを食べて休息する習慣があり、半夏生になることが多い7月2日を同組合が「さぬきうどんの日」に制定。接待は26回目を迎え、初夏の風物として親しまれている。 小雨にもかかわらず、午前11時の ...(続きを読む)


半夏生 読み
花に近い葉の半分が白い半夏生。 半化粧とも片白草とも呼ばれる。 暦の中にこの花と同じ名で雑節の一つ「半夏生」がある。 かつては夏至から数えて11日目だったとか。 現在ではちょうど今日7月2日ころと言われている。 この時期に咲く花ということで ...(続きを読む)



スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.07.09(Mon) 12:21] 未分類 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


 ← お気に召すまま | TOP | スリーセブン

プロフィール

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。